1. HOME
  2. PSG JAPAN TOUR 2022のオフィシャルパートナーにインナービューティブランド「エステプロ・ラボ」が就任いたしました。
美のイメージ

PSG JAPAN TOUR 2022のオフィシャルパートナーに
インナービューティブランド「エステプロ・ラボ」が就任いたしました。

株式会社プロラボホールディングスは、フランスで最もタイトルを獲得し、ヨーロッパを代表するフットボールチーム「パリ・サン=ジェルマン FC(PARIS SAINT-GERMAIN FOOTBALL CLUB)」を2022年7月に日本へ招待し実施した「Paris Saint-Germain JAPAN TOUR 2022」大会のオフィシャルパートナーに就任致しました。

「Paris Saint-Germain JAPAN TOUR 2022」は、下記3つのJリーグチームとの試合を行いました。
・7月20日(水)19:30~ VS川崎フロンターレ(国立競技場)
・7月23日(土)19:00~ VS浦和レッズ(埼玉スタジアム2002)
・7月20日(水)19:30~ VSガンバ大阪(パナソニックスタジアム吹田)

7月20日の川崎フロンターレ戦では、TBS系列全国生中継でテレビ放映もされ、注目が集まる試合でした。

これらの試合当日は、会場内へのロゴ掲示や、テレビCMの放映やブース出店などを行いました。さらに試合終了後は選手との交流を通して、商品をお手に取っていただくなどの機会がありました。

― 7月20日(水)国立競技場 ―

7月20日(水)に国立競技場で行われた、パリサンジェルマンVS川崎フロンターレ戦では、TBS系列全国生中継内でエステプロ・ラボのテレビCMが放映されました。

また、試合当日は、国立競技場内にエステプロラボブースを出店し、来場者へ商品の試飲や販売などを実施いたしました。
今までエステプロ・ラボを知る機会のなかった人たちにも、商品の魅力をお伝えできる機会となりました。

会場内にもエステプロ・ラボのロゴが多数掲示され、試合は大いに盛り上がりました。

― 7月23日(土)埼玉スタジアム2002 ―

7月23日(土)に埼玉スタジアム2002で行われた、パリサンジェルマンVS浦和レッズ戦では、会場内にエステプロ・ラボのロゴが掲示され、ハーフタイム中には、会場内の大型スクリーンにて、エステプロ・ラボのCM放映もされました。
休日の開催ということで多くの方がご来場され、エステプロ・ラボの認知拡大に繋がりました。

― 7月25日(月)パナソニックスタジアム吹田 ―

7月25日(月)にパナソニックスタジアム吹田で行われた、パリサンジェルマンVSガンバ大阪戦では、試合終了後に選手との交流を通じて、エステプロ・ラボの商品を手に取っていただく機会がありました。

また、会場内にもエステプロ・ラボのロゴが掲示され、ハーフタイム中には、会場内の大型スクリーンにて、エステプロ・ラボのCM放映もされました。
白熱した試合は、会場を大いに沸かせました。

【パリ・サン=ジェルマンとは】

パリ・サン=ジェルマンは1970年に設立され、2020年に創立50周年を迎えた世界のトップ・サッカークラブ、トップスポーツブランドの1つで、ソーシャル・メディア・フォロワーのコミュニティは約1億7000万までに成長し、現在サッカー界で非常に人気のあるチームです。また、この11年間で28のトロフィーを獲得し、それ以前も含めると全体で46のトロフィーを獲得しており、フランスで最も成功を収めているクラブとも言われています。ロナウジーニョ、デビッド・ベッカム、ズラタン・イブラヒモビッチ、そして最近では、リオネル・メッシ、ネイマール・ジュニア、キリアン・エムバペなど、今日、世界で最も優れた3選手も含み、これまで多くの優れた選手と契約し、クラブの国際的な人気に関しては疑う余地がありません。

加えて2016年には、既存のサッカーチーム、ハンドボールチーム、柔道チームに加え、独自のeSportsチームを追加しており、コミュニティへの還元も忘れず、またチャリティー財団への資金を大幅に増加しており、恵まれない若者のための広範囲にわたるプログラムも率先して開発しています。

これらの人気と実力を併せ持ち、慈善活動にも取り組むトップチーム「パリ・サン=ジェルマン」に、当社は深く感銘を受け、今回のオフィシャルパートナー就任に至りました。
当社は、「美容業界の発展と人類の健康寿命延伸」を目的として存在する総合ウェルネス企業です。
我々が掲げる「健康寿命を延ばす」ためには、自分のことは自分でできる運動能力が必須であり、スポーツ人口の増加は“人類の健康寿命延伸”と密接な関係にあると考えています。
「Paris Saint-Germain JAPAN TOUR 2022」大会をサポートすることで、スポーツ人口の多いサッカーという切り口から、運動に興味を持ち、スポーツ人口の増加の支援、さらには人類の健康寿命の延伸につながればと考えております。

ページトップへ